仮想通貨で話題!ブロックチェーンってそもそもなんなの??意味を解説します

「最近、ブロックチェーンという言葉をよく聞くけど、一体どんなものなの?」

ブロックチェーンは仮想通貨の仕組みです。

仮想通貨の人気と伴い、ブロックチェーンの仕組みも理解しておきたいですよね。

ここでは、仮想通貨の仕組みである「ブロックチェーン」について解説していきますね!

ブロックチェーンとはなんなのか?

さっそくブロックチェーンについて解説します。

ブロックチェーンは、時間が経つごとに改ざんが難しくなる記録技術と、P2Pで管理されたネットワーク方式のことをいいます。

P2Pとはネットワーク参加者全員が主体で、データのやり取りや記録ができる通信手段です。

具体的には以下にまとめました。

ポイント
  • ブロックチェーンのネットワーク上で、データがP2P方式で配信される
  • このデータは、ブロックと呼ばれるネットワークで共有されている記録データに、一定時間ごとに格納
  • ブロックにはブロックナンバーと呼ばれる、何番目のブロックかがわかる番号が記載される
  • ブロックはその順番に沿って連なるように記録される(チェーンのイメージ)
  • ブロックナンバーが大きくなると、そのブロックは改ざんが難しくなる
  • P2Pで共通管理されることで、安全性の高い記録データであるブロックチェーンが完成する

仮想通貨として人気が高いビットコインはこれらの技術を使っています。

ネット上で履歴を変更することができない記録を作ることで、お金の価値を生み出しているのです。

素晴らしい技術だと思いませんか?

ブロックチェーンの種類とは?

続いてブロックチェーンの種類についてです。

種類は大きく4つに分けられます。

種類
  • パブリックブロックチェーン(非中央集権型):ビットコイン、イーサリアム
  • プライベートブロックチェーン(中央集権型):mijin、miyabi
  • パーミッションブロックチェーン(許可型)リップル
  • コンソーシアムブロックチェーン(組合型)Libra、HyperLedger系列

これらの主な違いは、ブロックの承認方法にあります。

不正されないようにするために、ブロックチェーン上では取引データが格納されたブロックが正しいことを確認する「承認者(バリデーター)」を作っているんです。

この承認方法の違いで、次の3つのようにブロックチェーンが持つ性質は異なってきます。

  • 非中央集権性
  • 安全性
  • 拡張性

それぞれの種類を見ていきましょう!

パブリックブロックチェーン(非中央集権型)

まずはパブリックブロックチェーンについてです。

パブリックブロックチェーンは、ブロックの承認に「コンセンサスアルゴリズム(合意形成方式)」と呼ばれる承認方法のこと。

ネットワーク参加者は、特定の基準をクリアすることでブロックを承認できるようになるんです。

その対価として報酬をもらえるという仕組みです。

プライベートブロックチェーン(中央集権型)

プライベートブロックチェーンは、中央管理者がブロックを承認するチェーンのこと。

このチェーンは、データの処理速度がかなり早いです。

また従来のクライアントサーバー方式よりもセキュリティが堅牢!

企業が導入することが多いチェーンとなります。

パーミッションブロックチェーン(許可型)

続いてはパーミッションブロックチェーンです。

このチェーンは許可された複数の承認者により、ブロックが承認されるチェーンになります。

プライベートブロックチェーンよりも非中央集権なのに、早い処理速度を持つ特徴があります。

リップルはこのチェーンに該当し、リップル社により許可された承認者の多数決によりブロックが承認されました。

コンソーシアムブロックチェーン(組合型)

コンソーシアムブロックチェーンは組合員によりブロックが承認されるチェーン。

パーミッションブロックチェーンよりも非中央集権的になり、FacebookのLibraやIBMのHyperLedger系列が該当します。

この技術は半中央集権的な立ち位置になります。

完全なパブリック型ブロックチェーンとは言い切れない側面があるチェーンです。

ブロックチェーンの魅力

続いてはブロックチェーンの魅力について解説します。

魅力は大きく分けて次の3つ。

ブロックチェーンの魅力
  • 記録の改ざんが困難
  • ダウンタイムが一切ない
  • 非中央集権なネットワーク作りが可能

説明していきますね。

記録の改ざんが困難

ブロックチェーンの仕組みは記録の改ざんがほぼできません。

かなり困難です。

そのため、よほどのことがない限りは、サーバーがハッキングされることはありません。

ダウンタイムが一切ない

また、ダウンタイムが一切ないという魅力もあります。

つまりは、ネットワーク上の機能が停止している時間が無いということ。

ブロックチェーンはP2Pで管理されています。

そのため、仮に1つの端末が機能停止となっても、その他の端末同士で機能を補えるのです。

このような仕組みからダウンタイムになりにくいというわけです。

非中央集権なネットワーク作りが可能

ブロックチェーンは、非中央集権なネットワークを作ることができます。

非中央集権とは、ネットワークにおける権力が各端末に分散される管理モデルのこと。

ネットワークの意思決定は各端末の多数決などで行われます。

そのため民主的とも言えますよね。

一方でサーバークライアント方式では、中央管理者が全ての権限を持つため独裁的なのです。

まとめ

ここでは、仮想通貨のブロックチェーンについて解説しました。

仮想通貨の人気に伴って「ブロックチェーン技術」に注目が集まりましたよね。

ブロックチェーンはほんと素晴らしい発明です。

今日ここでブロックチェーンがどんなものか理解できたはず。

ブロックチェーンの仕組みを理解した上で、これから仮想通貨取引を行っていってくださいね。

オススメの国内取引所はこちら!

ここでは、初心者のあなたでも安全に仮想通貨を購入できるおすすめの販売所を3つご紹介します。

ここで紹介するのは次の3つです。

おすすめ販売所
  • ビットフライヤー
  • Coin check
  • GMOコイン

それぞれのポイントを解説していきますね。

ビットフライヤー

総合評価 ★★★★★
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴!

ビットコインを100円から購入することができるのも魅力で、初心者さんにもおすすめです。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能。

  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

Coin check

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨

Coin check(コインチェック)は、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。コインチェック株式会社が運営しています。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワン!

仮想通貨初心者も安心の分かりやすさと使いやすさを兼ねそろえています。

おすすめポイント
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスあり
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計
  • 取り扱っている銘柄が16種類と国内最多

GMOコイン

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所。

GMOクリック証券なども運営しており、安全性には抜群!

入金と送金手数料は無料なので使いやすさも◎です^ ^

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のある取引所です。

おすすめポイント
  • ビットコインの海外取引所への送金無料で便利!
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
  • コールドウォレットなどを利用しているのでセキュリティは◎