【気になる情報】ポルカドットってどんな仮想通貨なの?特徴を詳しく解説します

「ポルカドットってどんな特徴があるのか知っておきたい」

「ポルカドットにはどのようなポイントがあるの?買っておくべき?」

ポルカドットは2020年8月に上場したばかりの比較的新しい仮想通貨です。

2021年に入って急騰ししため、今非常に注目されています!

今回はポルカドットの特徴や今後の見通しなどを詳しくお話ししていきますね!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポルカドットってどんな仮想通貨?

ここでは、ポルカドットの特徴についてまとめていきます。

仮想通貨名 ポルカドット
ブロックチェーン ポルカドット
ティッカーシンボル・単位 DOT
現在の価格(2022年1月時点) ¥2908.20
時価総額(2022年1月時点) ¥3,401,951,599,469
時価総額ランキング(2022年1月時点) 10位

ポルカドット(Polkadot)はWeb3.0という世界の実現を目指すプロジェクト、およびそのためのブロックチェーンです。

また、ポルカドットのブロックチェーン上で扱われる仮想通貨(トークン)もポルカドットといいます。

Web3.0とは、ブロックチェーン技術によって実現させようとしている、分散型(非中央集権型)の新たなWebの世界のことを表します。

ポルカドット(仮想通貨)の特徴

ここではポルカドットの特徴について解説していきます。

特徴には次のようなものがあります。

特徴
  • スケーラビリティ問題に陥らない
  • セキュリティレベルが高い
  • インターオペラビリティを実現できる
  • 自由にブロックチェーンを開発できる
  • オープンガバナンス体制を取っている
  • ステーキングサービスがある
  • イーサリアムキラーと呼ばれている

ポルカドットはイーサリアムのデメリットを補う特徴があり、新しい時代の仮想通貨として大注目されているんです。

それぞれを解説していきますね!

スケーラビリティ問題に陥らない

ポルカドットはパラチェーンという並列型ブロックチェーンを使用します。

そのため、スケーラビリティ問題に陥らないというメリットがあります。

スケーラビリティ問題とは、取引量が多くなった際に取引を処理しきれなくなったり、手数料が高騰する問題のこと。

パラチェーンの仕組みは、トランザクションを1つずつ処理する従来のブロックチェーンとは違います。

具体的には、複数のチェーンで多くのトランザクションを並行して処理作業を行っているんです。

また、単一のメインチェーンのみを利用したブロックチェーンでは、スケーラビリティの限界が近くなっています。

そのため、処理しきれなくなる可能性が大・・・。

複数のトランザクションの並行処理は、スケーラビリティ問題を解消する仕組みとして今注目されていますよ。

セキュリティレベルが高い

ポルカドットは非常にセキュリティレベルが高いという魅力があります、

多くのブロックチェーンで採用されているPoWやPoSでは、セキュリティレベルの高い状態で保つために、多くのリソースを割いているんですよね。

また、ブロックチェーンが成長するまでに攻撃される可能性もあったんです。

しかし、ポルカドットはセキュリティシステムをプールしています。

ですから、ブロックチェーンを接続するだけで簡単に高いセキュリティレベルを保つことができます。

素晴らしいですよね!

新たに開発されたブロックチェーンでも、リソースを割く必要なく最初から高い安全性を維持することができますよ。

インターオペラビリティを実現できる

ポルカドットのブロックチェーンでは、インターオペラビリティを実現することが可能です。

インターオペラビリティとは、ブロックチェーンを相互運用する仕組みのこと。

ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンは相互運用が行えません。

そのため、取引所を経由しなければ交換できなかったんです。

しかし、ポルカドットでは異なるブロックチェーンを繋いで運用することができます。

ですから、取引所を経由せずに交換することができますよ♪

また、ポルカドットに接続されたブロックチェーンと同様の機能やセキュリティシステムを得られますよ!

自由にブロックチェーンを開発できる

ポルカドットでは、自由にブロックチェーンを開発できる開発ツールを一般向けに提供されています。

提供しているのはサブストレートというブロックチェーン開発するためのフレームワーク。

サブストレートを利用することで、アプリケーション毎に独自のHTTPを実装する必要がありません。

そのため、新しくブロックチェーンを作ることができるというポイントがあります。

オープンガバナンス体制を取っている

ポルカドットはオープンガバナンス体制を取っています。

オープンガバナンス体制とは、ユーザーが協働してネットワークの発展に取り組む仕組みのことを表します。

ビットコインなどでは、仕様変更の承認に保有者だけでなく開発者や取引所の関係者など様々な方が参加し、可否決定をしています。

一方でポルカドットでは通貨保有者のみで決定されます、

そのため、より民主的でオープンな仕組みなんです。

この体制により、ネットワークの手数料やアップデートの実行など、より保有者にメリットのある仕組みができるんですよ♪

ステーキングサービスがある

ポルカドットでは通貨を保有するだけで報酬が貰えるステーキングできるんです。

ステーキングサービスは、信頼性の低い取引所や通貨ではリスクが高いデメリットがあります。

そのため、ステーキングサービスを利用する場合は、慎重に検討してくださいね!

イーサリアムキラーと呼ばれている

ポルカドットはカルダノやイオスなどと同じくイーサリアムキラーと言われています。

具体的には、イーサリアムのスケーラビリティ問題を補います。

ポルカドットを使用する開発者が増加していることがイーサリアムキラーと呼ばれている理由なんです。

イーサリアムではDApps開発者にスマートコントラクトを使用しています。

そのため、プログラムの実行及びテスト環境を提供しています。

一方でポルカドットは簡単に独自のブロックチェーンを作成できます。

ですから、開発者自信で取引手数料や処理スピードを柔軟に決められるんです。

最近ではポルカドットの実用性の高さに注目が集まっていますよ!

ポルカドットが購入できる取引所はここ!

ここでは、初心者のあなたでも安全に仮想通貨を購入できるおすすめの販売所を2つご紹介します。

ここで紹介するのは次の2つです。

おすすめ販売所
  • ビットフライヤー
  • GMOコイン

それぞれのポイントを解説していきますね。

ビットフライヤー

総合評価 ★★★★★
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴!

ビットコインを100円から購入することができるのも魅力で、初心者さんにもおすすめです。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能。

  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

GMOコイン

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所。

GMOクリック証券なども運営しており、安全性には抜群!

入金と送金手数料は無料なので使いやすさも◎です^ ^

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のある取引所です。

おすすめポイント
  • ビットコインの海外取引所への送金無料で便利!
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
  • コールドウォレットなどを利用しているのでセキュリティは◎

ポルカドット(仮想通貨)の特徴まとめ

ここでは、ポルカドットの特徴について解説しました。

いかがでしたか?

ポルカドットはビットコインやイーサリアムの課題を改善した新しい仕組みの仮想通貨&プラットフォームとして、今かなり注目されています。

トークンを利用した分散型取引所での取引やレンディングサービスの利用を想定して開発されています。

このように複数のプロジェクトが続々と予定しています!

そのため、ポルカドットの需要は今後も高まっていくと予測できますよね。

国内ではGMOコインとbitFlyerにのみ上場しています。

安全に購入したい方は、口座開設をしてくださいね。