仮想通貨とともに聞くメタバースってなに??話題の「メタバース空間」の謎に迫ってみた

「Facebookの社名変更でメタバースをよく聞くけど、一体どんなものなの?」

「メタバースと仮想通貨の関係は??」

最近、DeFiやNFTに続いて「メタバース」というのが注目を浴びていますよね!

メタバースと聞いて、仮想空間やゲーム内の世界だけを想像する人もいます。

ただ、それだけではありません。

メタバースは、ブロックチェーン上のゲームとして、仮想通貨やNFTとも深く関わっています。

ここでは、メタバースの特徴やメタバースのサービスなどを解説していきます。

メタバースを賢く使うためにぜひ参考にしてくださいね。

メタバースとは?

まずはメタバースとはどんなものなのか見ていきましょう。

メタバースは、3次元世界や仮想空間のことです。

メタバース=ゲームや通貨の名前ではないので間違えないようにしてください。

3次元世界の思想は昔からあります。

その空間に名付けられたのがメタバースというわけです。

ちなみに、「meta」というのは超越を表す古代ギリシャ語です。

そして、世界を表す「universe」を掛け合わせた造語を「メタバース」と読んでいます。

つまり、仮想通貨やブロックチェーンが登場するずっと前からメタバースの考えがあったんです。

メタバースと、ブロックチェーン技術を組み合わせることで、安全性や利便性が高まります。

そして、さらに収益にも繋がるということで注目を集め始めました。

メタバースはブロックチェーンの技術で実現された

そんなメタバースは、ブロックチェーンの技術で実現されたことを知っていますか?

ブロックチェーンとは、ブロックチェーン上で行われる取引を多数のコンピューターに共有すること。

仕組みとしては、改ざん不可能な状態で安全に取引データを保持します。

このブロックチェーン技術を使うと、取引データが常に複数のコンピューターに共有されているため改ざんが難しくなります。

そのため、データの信ぴょう性が担保されるというわけです。

そんなブロックチェーンとメタバースが注目されたわけは、ブロックチェーンがデータに資産性を持たせることができるとから。

メタバース空間でできること

ここでは、メタバース空間でできることについても紹介していきます。

メタバース空間では、ゲームやビジネス利用ができるようになります。

まず、ゲームでは、仮想空間でイベントに参加できるように。

コミュニケーションを通じて没入感を得られやすくなるんです。

また、ビジネス利用としても使われていくことでしょう。

例えば、バーチャルオフィスとして利用される場面も最近は出てきています。

また、在宅でも仮想空間を共有することで、社員同士のコミュニケーションを取りやすくなるというメリットも!

これまではゲームやイベントなどで活用される事が多かった仮想空間サービス。

ただ、最近はコロナが流行したことでテレワークが推奨されるようになりましたよね。

コロナをきっかけにビジネスの場でも活用が進みました。

アバターを活用することで、通常よりもコミュニケーションが撮りやすくなるという魅力もあるというわけですね。

メタバースのメリット・デメリット

続いて、メタバースのメリットとデメリットをそれぞれ解説していきますね。

メリット

まずはメリットです。メリットは3つあります。

(1)仮想世界でのイベントを体験可能
→コンサートや各種イベントなど、現場に行かなくてもオンライン上での参加できるようになります。

(2)ビジネスでの利用がしやすい
→コミュニケーションツールとして活用することで、テレワークでのデメリットを減らすことが可能。

(3)発想次第で自由な空間を構築できるので、イベント利用しやすい
→仮想空間上にコンサート会場やイベント会場を用意することで、参加しやすい環境を準備できるようになります。

デメリット

続いてメタバースのデメリットについてお伝えします。

(1)依存性になることも・・・
→オンラインゲームなどでは、依存症に注意してください。

(2)現実世界でのコミュニケーション機会が激減する
→これまではリアルなコミュニケーションが一般的でした。でも、メタバース空間が登場したことで、オンラインでコミュニケーションを取ることが多くなり、実際会って話すようなコミュニケーションが苦手になる人も増えるでしょう。

まとめ

ここでは、メタバースについて具体的に解説しました。

メタバースはただの仮想空間ではなく、一つの経済圏として活気が出ています。

コロナの流行でオンラインの交流が一気に多くなったはず。

これからはメタバースを使えば、さらにオンラインでいつでも多くの人と繋がれます。

メタバースを始めるには、そのゲーム内で使える仮想通貨が必要です。

あらかじめ国内取引所を開設しておくことをお勧めします!

仮想通貨が買える!オススメ国内取引所はこちら

初心者のあなたでも安全に仮想通貨を購入できるおすすめの販売所を3つご紹介♪

紹介する取引所は次の3つ。

おすすめ販売所
  • ビットフライヤー
  • Coin check
  • GMOコイン

それぞれを1つ1つ解説していきますね。

ビットフライヤー

総合評価 ★★★★★
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴!

ビットコインを100円から購入することができるのも魅力で、初心者さんにもおすすめです。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能。

  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

Coin check

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨

Coin check(コインチェック)は、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。コインチェック株式会社が運営しています。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワン!

仮想通貨初心者も安心の分かりやすさと使いやすさを兼ねそろえています。

おすすめポイント
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスあり
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計
  • 取り扱っている銘柄が16種類と国内最多

GMOコイン

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所。

GMOクリック証券なども運営しており、安全性には抜群!

入金と送金手数料は無料なので使いやすさも◎です^ ^

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のある取引所です。

おすすめポイント
  • ビットコインの海外取引所への送金無料で便利!
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
  • コールドウォレットなどを利用しているのでセキュリティは◎