仮想通貨NFTってなんなの!?仮想通貨の気になるNFT情報に迫ります!

「仮想通貨のNFTってよく聞くけど、どういう特徴があるの?」

「仮想通貨のNFTって儲かるものなの?」

仮想通貨のNFTについて、気になる疑問はたくさん出てきますよね。

ここでは、仮想通貨NFTの仕組みや特徴について解説していきます。

仮想通貨について詳しく勉強したい場合は、記事を最後まで読んでみてくださいね!

ではいきます。

そもそもNFTってなに?

まずはNFTとはどんなものなのかを解説していきます。

NFTとは「Non Fungible Token(非代替性トークン)」の略。

データの所有権といったデジタル世界における権利を記録することができるデジタル資産のことを表します。

アーティスト等が作成したNFTアートはNFT専用のマーケットプレイスで販売。

この際に仮想通貨を使って購入できるようになっているんです。

2021年はNFTブームの年になりましたよね!

数多くのNFT作品が、マーケットプレイス上で高額な金額で売られました。

実際にNFT化が進んでいるのはデジタルアート、音楽、ゲームアイテム、デジタル上の土地、ライブチケットなど様々あります。

NFT化されているもの
  • デジタルアート
  • トレーディングカード
  • ゲームアイテム
  • 音楽
  • ファッション
  • スポーツ
  • 漫画
  • アニメ
  • デジタル上の土地
  • ライブチケット

このように、NFTに適しているコンテンツが世界中で模索されているんです。

NFTの特徴について

続いては、NFTの特徴についてどんどん解説していきます。

特徴は次の3つ。

特徴
  • 誰でもNFTを作成することができる
  • Dapps間でのアイテムの移動が現実化する
  • ブロックチェーンの技術により唯一が証明される

それぞれを解説していきますね。

誰でもNFTを作成することができる

NFTはトークンですので、誰でも作成することが可能です。

私でもあなたでも簡単に作成可能。

そして、気軽に市場に流通させることができます。

また、特に技術的に詳しくなくてもコンテンツをNFT化することができるんです。

ただ、無名の人がNFTを作成しても、売れるかどうかはまた別問題ですが笑

今や、あらゆるコンテンツがNFT化されて世界へと届けられています。

ゲームコンテンツや絵画、ゲームの土地など、さまざまです。

このようなコンテンツがNFT化された時に価格がどうなるのかを、世界中の方が実験を繰り返して市場に流通させています。

Dapps間でのアイテムの移動が現実化する

また、Dapps間でのアイテム移動も現実化しています。

共通のプラットフォームで作られたdApps内であればアイテムの移動、キャラクターの移動、コンテンツの移動が可能になるんです。

もちろん、ゲームバランスを考慮しないといけませんが・・・。

そのため、この仕組みが現実化するにはまだ先になります。

しかし、1つのDapps内の資産を別のDappsへ流用できるという視点は革新的ですよね!

ブロックチェーンの技術により唯一が証明される

最後の特徴としては、ブロックチェーンにより、トークンが唯一無二の価値を持つことができるということです。

ブロックチェーンの技術を応用することによって、代替不可能なデジタルアセットを作成できるんです!

NFTに紐付けられたコンテンツはそれぞれで識別することが可能!

そのため、独自の価値を保有できます。

ですから、二次流通した時の経済的な価値がそれぞれ異なるということが起きてきますよ。

仮想通貨NFTの将来性は?

続いては、仮想通貨NFTの将来性について見ていきましょう!

NFT市場は2021年に大きく拡大しました。

去年NFTという言葉を聞くことはたくさんありましたよね。

それに伴って、NFTコンテンツや関連銘柄の価格が大きく上昇したんです。

そして、今後の注目されるのがイーサリアムです。

NFTコンテンツは主にゲーム分野やアート分野で活用されています。

ただ、今後は不動産や様々な分野での会員権や所有権で活用されるかがキモになります。

仮想通貨は代替不可能という優れた特徴があります。

そのため、将来的には現段階の活用分野を大きく超えて実用化されていくでしょう!

仮想通貨NFTのリスクは?

最後に仮想通貨NFTのリスクについてお伝えしていきますね。

NFTは大きく分けて2つの問題があります。

まずは、著作権について。

「NFTを保有する=その著作権を保有する」というのは間違いです。

なぜなら、著作権とブロックチェーン上での所有者は全く別物だから。

そのため、著作権についてはNFT業界において今後大きく直面する問題になると言われています。

そして、2つ目は、手数料についてです。

イーサリアムブロックチェーンを利用したdAppsを利用するときは、ガス代と呼ばれる手数料がかかります。

NFTマーケットプレイスの多くはイーサリアムチェーンを使用。

ここで発生するガス代の高騰が今かなり問題視されているんです。

このような問題を問題を解決するために、オフチェーンという仕組みを採用することでトランザクション手数料が発生しない形を実装している仕組みもあり、今後の動向に注目されています。

まとめ

ここでは、仮想通貨NFTについて解説しました。

NFTが誕生したことで、所有権が明確化されたコンテンツは現在高単価での取引が相次いでいます。

実際に有名な画家の方が出品したコンテンツは数十億円を超えるものも!

新しいコンテンツにお金はどんどん集まっています。

これからもNFTは注目されていくはずです。

今のうちから仮想通貨とNFTについて学びを深めておきましょうね。

仮想通貨が買える国内取引所3選

最後に、ここで初心者のあなたでも安全に仮想通貨を購入できるおすすめの販売所を3つご紹介します。

紹介する取引所は次の3つ。

おすすめ販売所
  • ビットフライヤー
  • Coin check
  • GMOコイン

それぞれを1つ1つ解説していきますね。

ビットフライヤー

総合評価 ★★★★★
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴!

ビットコインを100円から購入することができるのも魅力で、初心者さんにもおすすめです。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能。

  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

Coin check

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨

Coin check(コインチェック)は、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。コインチェック株式会社が運営しています。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワン!

仮想通貨初心者も安心の分かりやすさと使いやすさを兼ねそろえています。

おすすめポイント
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスあり
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計
  • 取り扱っている銘柄が16種類と国内最多

GMOコイン

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所。

GMOクリック証券なども運営しており、安全性には抜群!

入金と送金手数料は無料なので使いやすさも◎です^ ^

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のある取引所です。

おすすめポイント
  • ビットコインの海外取引所への送金無料で便利!
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
  • コールドウォレットなどを利用しているのでセキュリティは◎