【重要】仮想通貨に確定申告は必要なのか ?所得・税金について

仮想通貨は、インターネット上でやりとりできる電子データの「通貨」のこと。

最近では暗号資産と言われるようになりました。

そんな仮想通貨は、価格変動が激しいため投資先としてはリスクが大きいです。

ただ、仮想通貨は大きな利益を上げる可能性を秘めていることから人気が高くなっています。

仮想通貨投資を始めるとき、投資で出た利益は申告が必要なのか気になりますよね?

ここでは、仮想通貨にかかる税金や確定申告についてお伝えしていきますね。

ではいきます。

仮想通貨の利益は確定申告が必要

結論から言います。

仮想通貨の投資では、売買で一定の利益が出たら、確定申告が必要です。

確定申告とは、1年間の利益を国税庁に申告して収める税金を計算すること。

サラリーマンは基本的に会社が全て税金などの計算をして納税してくれますよね。

ただ、仮想通貨投資で出た利益は、自分で税金の計算をして申告しなくてはいけないのです。

初めて税金の計算をする方は少し難しく感じるかもしれませんね。

仮想通貨の正しい計算を覚えて正確な確定申告をしていきましょう!

仮想通貨の確定申告が必要になる人

続いて、仮想通貨の確定申告が必要になる人を紹介します。

仮想通貨の投資とはいえ、みんながみんな確定申告をする必要はありません。

仮想通貨の投資で確定申告が必要になるのは次のような人です。

確定申告が必要な人
  • 給与での年間収入が2,000万円以上
  • 給与や退職金以外に年間20万円以上の所得がある人
  • 2ヶ所以上から給与をもらい、主な給与以外から年間20万円以上の所得がある
  • その他、源泉徴収のない所得がある

上記のいずれかに該当すると、確定申告をするようにしてください。

ちなみに、会社員をしながら仮想通貨の売買を行い、利益が年間20万円以上になった場合も忘れずに申告をするように。

なお、所得に対して必ず38万円の基礎控除があります。

仮想通貨のみので年間38万円に満たない場合は申告する必要はないので覚えておきましょう。

ということはつまり、

仮想通貨で普通に利益が出た場合は、必ず確定申告をしなくてはいけないということ。

この条件を覚えた上で、取引所で仮想通貨を購入するようにしてください。

仮想通貨の税区分について

続いて仮想通貨の税区分についてです。

税金には様々な区分が決まっています。

その税区分によって利益に対してかかる税金の割合が異なるんです。

仮想通貨が人気になる前の2016年度は仮想通貨の税区分が曖昧だったんです。

ただ、2017年になって国税庁が正式に「雑所得」で申告するようにと公表して税区分が確定しました。

雑所得は累進課税制。

そのため、利益が大きくなるほど課税額が大きなっていきます。

詳しくは以下の表を見てください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

たくさん稼いで年間4,000万円以上の利益になると、ほぼ半分が税金となってしまうというわけですね・・・。

半分はデカイ・・・。汗

ただ、所得の全額に課税されるわけではありません。

38万円の基礎控除と各所得に対応した控除があります。

2つの控除金額を差し引いた残りに税率をかけると、納税するべき金額になるます。

覚えておくようにしてくださいね!

確定申告しなかった場合はどうなる?

仮想通貨で利益が出たのにも関わらず、確定申告を忘れてしまった・・・。

この場合はどうなるのでしょうか。

個人・法人を問わず収入の有無は税務署に把握されています。

給料は会社から「給与支払報告書」が提出されています。

また、他の利益も支払調書を税務署に提出しなくてはいけません。

そして税務署は、仮想通貨の取引所に「税務調査」という名目で取引記録を閲覧することができるんです。

そのため、税逃れの手法としては親族・知人名義の口座を使うことも。

取引記録から故意に売却益を隠そうとしたかどうかまで把握ができてしまうんです。

「あまり稼いでないし大丈夫だろう」と思ってしまう人は要注意!

国税庁では無申告把握をするため、定期的に重点調査をしています。

無申告は「脱税」という犯罪に直結する行為。

絶対にしてはいけない行動です。

ただ、無申告でいきなり逮捕されるわけではありません。

確定申告をうっかり忘れていた場合は、修正申告によって税金を納付できます。

ただ、この場合は無申告加算税・延滞税という「追徴課税」が課されてしまいます。

そのため、通常より多めの税金を納めなくてはいけません。。

毎年申告は忘れずにやるようにしましょうね。

また、仮に「意図的に所得を隠していた」とみなされると、無申告加算税・延滞税に重加算税が追加されてしまいます。

そして、高額な課税を課せられるというペナルティが発生してしまうんです。

ちなみに22019年には個人・法人を合わせて少なくとも80件の申告漏れを指摘しています。

税務署があなたに何も言ってこないからと言って、バレていないとは限りません。

仮想通貨投資で条件を満たす利益が出たら、必ず確定申告をするようにしてくださいね。

【仮想通貨】確定申告の流れ

続いて確定申告の流れについてです。

流れは次の4ステップ。

1つ1つ解説していきます。

ステップ1.「年間取引報告書」を受け取る

仮想通貨の特別口座を開設している場合、仮想通貨の取引所から1月1日から12月31日までの取引状況を記載した「年間取引報告書」が交付されます。

この報告書を使い、「総平均法」による雑所得の計算をしましょう。

計算は簡単にできます。

報告書は無くさずに取っておきましょう。

ステップ2.「暗号資産の計算書」を作成

年間取引報告書の交付を受けたら、国税庁のホームページから「暗号資産の計算書(総平均法)」を ダウンロードしてください。

ステップ2で所得計算をします。

ちなみに、年間取引報告書を使うときは、移動平均法による所得計算はできないので注意してくださいね。

ステップ3.確定申告を作成・提出

計算書での計算が終わったら、所得額を確定申告書に転記してください。

暗号資産の所得区分は「雑所得」という扱いになります。

ちなみに、あなたの所得が2,000万円を超えており、財産価格が3億円以上または資産価額が1億円以上ある場合は「財産債務調書」も作成しなくてはいけません。

確定申告書は、郵送もしくは電子申告(e-Tax)で税務署へ提出を。

ステップ4.納税

最後に確定した税金を納付しましょう。

納付期限は確定申告提出期限と同じく翌年2月15日~3月15日に設定されることが多いです。

とりあえず忘れずに早め早めに納付を意識することが重要。

ちなみに、金融機関や税務署の窓口で現金による納付ができます。

また、QRコードを発行してコンビニエンスストアで納付できるので覚えておくと良いでしょう。

まとめ

ここでは、仮想通貨の確定申告や税金についてお伝えしました。

仮想通貨で出た利益は「雑所得」に分類され、所得が20万円を超えると確定申告が必要になることがあります。

納税は国民の義務です。

そして仮想通貨の税逃れは問題視されています。

無申告を続けてしまうと高額な追徴課税を納付しなければならなくなります。

最悪の場合裁判で有罪判決を下されますので本当に注意してくださいね。

本日お伝えしたポイントを理解した上で、仮想通貨取引を行っていきましょう!

仮想通貨を購入できるオススメ取引所3選

最後に、ここで初心者のあなたでも安全に仮想通貨を購入できるおすすめの販売所を3つご紹介します。

紹介する取引所は次の3つ。

おすすめ販売所
  • ビットフライヤー
  • Coin check
  • GMOコイン

それぞれを1つ1つ解説していきますね。

ビットフライヤー

総合評価 ★★★★★
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴!

ビットコインを100円から購入することができるのも魅力で、初心者さんにもおすすめです。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能。

  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

Coin check

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨

Coin check(コインチェック)は、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。コインチェック株式会社が運営しています。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワン!

仮想通貨初心者も安心の分かりやすさと使いやすさを兼ねそろえています。

おすすめポイント
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスあり
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計
  • 取り扱っている銘柄が16種類と国内最多

GMOコイン

総合評価 ★★★★
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所。

GMOクリック証券なども運営しており、安全性には抜群!

入金と送金手数料は無料なので使いやすさも◎です^ ^

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のある取引所です。

おすすめポイント
  • ビットコインの海外取引所への送金無料で便利!
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
  • コールドウォレットなどを利用しているのでセキュリティは◎